離婚の慰謝料について弁護士に聞く

離婚と慰謝料

性格の不一致では、慰謝料が認められない可能性が高い
 裁判による離婚で、慰謝料が発生するのは、基本的に相手側に何らかの「責任」がある場合です。分かりやすいのが、不倫や暴力などですね。性格が合わないという理由で、慰謝料が発生したケースはほとんど聞きません。そもそも「性格の不一致」だけだと、離婚原因として認められにくいのです。法律的に離婚が認められるには、夫婦関係が破綻しているということが必要です。破綻というからには、夫婦双方が「破綻している」と認識しているぐらい、夫婦の間が冷え切っているレベルです。例えば「毎日ケンカする」程度では、「ケンカするほど仲がいい」などと言われてしまいかねません。乱暴な言い方をしてしまえば、相手が殴ったり暴言を吐いたりしてくれた方が、かえって離婚しやすいほど、性格の問題だけで離婚するのはハードルが高いのです。


実際、慰謝料ってどのぐらいなのでしょうか?
  これはケースバイケースとしか言いようがないんですが、例えば夫が浮気して、しかもその浮気が相当長かった場合だと、200~300万円が相場でしょうか。もし、浮気が1回の場合だったら、金額はずいぶん変わってきます。その1回の浮気が離婚原因になっても、慰謝料として請求できるのは50万円いくかいかないか。これでは、弁護士費用とトントンになってしまいますね。ただし、50万円は浮気したことに対しての慰謝料なので、離婚したことに対しての慰謝料は上積みできます。それを合計しても、100~150万円というのが妥当なところでしょう。不倫の期間が1~2年間だったら、200万円程度です。それと、不倫の場合、浮気相手が分かっていて、相手もその事実を認めていれば、浮気相手にも慰謝料を求めることができます。正直なところ、「既婚者だとは知らなかった」とシラを切られるケースも多いですが。