セックスレスでの離婚について弁護士に聞く

top>弁護士インタビュー>セックスレス
離婚相談とセックスレス

性交渉の拒否が、離婚の理由になるかは非常に微妙
 とても難しい問題ですね。「性交渉の拒否」だけで、離婚できるかどうか・・・。セックスレスを理由に裁判って、あまり聞いたことがありません。たしか、かなり前に「夫が妻に対して性交渉を求めて拒むことは適法だ」という判例があったような気がします。そういうこともあって、セックスレスだけで離婚訴訟に勝つというのは、ちょっと難しいのかなと思います。
第一、どこからが「拒否」なのか、というラインも非常に曖昧。例えば、もうお子さんが何人もいる夫婦が、相手がセックスを拒否したからと言って夫婦関係が破綻するのかというと、一般的な見方として「仕方ない」とか「自然な流れ」とも言えますし、そこを裁判所がどう判断するかは微妙ですね。


セックスレスの事案は、裁判よりも調停が向いている
  妻は子どもがほしいが夫がセックスに応じてくれない、そんなケースも増えていると聞きます。結婚前からセックスレスの兆候があったが、結婚したら何とかなるかと思いきや、状況は何も変わらないという。妻の出産年齢の関係もありますし、離婚前提だったら調停にかけてみてはいかがでしょうか。前述の通り、裁判となったらなかなか勝算は分かりませんが、調停はあくまで話し合いですから。
ただ、調停で真っ向からぶつかって、円満解決するというケースは、ほぼ有り得ないというのも覚えておいてください。もちろん、最終的には「向こうがそこまで言ってるんだったら・・・」と諦めてしまい、離婚を選択するというのはありますが。調停の場では、一応お互いのホンネを調停員が伝えてくれますが、だんだんやっぱり疲れてくるんです。本当にこの持久戦は精神的にこたえます。個人的にはセックスレスだけだと、調停も難しい気がしますけどね。