不倫での離婚について弁護士に聞く

top>弁護士インタビュー>弁護士の選び方
離婚相談と弁護士の選び方

弁護士を選ぶのは、医者を選ぶようなもの
これは本当によく聞かれるんですが、「これ」という決め手はないんですよね。
結局は、いくつか弁護士事務所を訪れて、弁護士に会い、話をしていてい信頼できそうかどうかという一点を見ていくしかない。感覚的と言ってもいいと思います。

弁護士って要は「町医者」みたいなものなんです。例えば風邪を引いて病院に行ったところで、その診察や治療って、だいたいどこも一緒ですよね。ただ、どうしてその病院を選んで通うのかといえば、医者に会ったときに「あ、この先生いいな」と思うかどうかですよね。
つまり、医者も弁護士も、自分の大切な体であったり人生であったりを預ける相手として、信頼できそうかどうかという感覚で選んでいくしかないんです。
もしくは、離婚専門でうたっている弁護士事務所を探すのも有効だとは思います。ただ最近は、弁護士事務所も経営事情が苦しいところが多いので、専門性をうたっているというよりは、クライアントを集める目的かな・・・と思うところもあったりして。正直、看板もアテになりませんね。

 

どんな弁護士に当たるかで、結果は大きく左右されます
弁護士による結果の違い、それは正直に言って、担当する案件にもよりますね。先ほどの医者の話に例えると、風邪ならどの医者でも結果はそんなに変わらないですが、重症のインフルエンザのようなケースだったら、医者の腕の差が出ますよね。
しかし、依頼者自身が、自分が抱えている問題がどの程度重いのかを判断するのは、正直難しいところですが。皆さん、自分の置かれている状況や問題は、誰よりも重いと思っているんで(苦笑)。弁護士側としては、逆に皆さんが同じような問題を抱えているように見えるんですけれどね。
自分の問題を解決してくれるにふさわしい弁護士を見つけないと、満足した結果も得られませんし、本当に難しいですよね。