カウンセリングと法律の融合

top>心理カウンセリングと法律の融合
心理カウンセリングと法律

 離婚をするにあたって大切な事の一つが円満に離婚できることです。 ただ、関係が悪くなって離婚するのが普通であるためなかなか難しいのが現状と言えます。

 財産をどう分けるか、子どもがいたら親権をどうするのか、養育費はいくらにするのか、面接権はどうするのかなど、決めなければいけないことは山積みです。ただ、その決める作業をするためには夫婦のコミュニケーションが何より大切になります。繰り返しますが、関係が悪くなって離婚とするのが普通ですので冷静に話し合い決めるというのが上手くいきません。

 そこで、カウンセリングルームHummingBirdでは、カウンセラーが 第三者として、離婚に必要な会話を冷静に話せるようサポートし、書類作成には行政書士、法的解決が必要な場合は弁護士と連携をとりながら トータルにサポートしていきます。

 繰り返しますが、離婚に一番大切な事は、もめずに円満に離婚することです。 (もめると離婚調停、そして裁判になったりして、精神的にも、肉体的にも、そして金銭的にも二人ともが疲弊して行くという結果になりがちだからです。)

  だからこそ、円満離婚に向けて、夫婦関係の調整のプロであるカウンセラーが夫婦の決定をサポートし、その上で行政書士が法書類作成し、法的解決を弁護士には依頼する。それによってスムーズに離婚への作業が進みめます。 。