離婚相談、カウンセリングへの案内

top>離婚カウンセリング
離婚相談(カウンセリング)の案内

離婚相談として以下の内容を中心に心理カウンセリング(夫婦カウンセリング)を行っています。

■子どもにとって一番マイナスを少なくするための相談。

 両親の離婚は子どもにとってとても大きなショックになり、今後の人生に大きな影響を残す可能性があります。しかし、子どものために離婚を諦め、両親の関係が悪いのを見せ続けることも子どもにとって決して良いことではありません。離婚を決めた方で、子どもにどう伝えていいのか、離婚後どのように接するべきなのかを悩まれている方は一度ご相談に起こしください。

■離婚をすべきか、すべきじゃないかの相談

 一般的に結婚より離婚のほうが大変だと言われます。離婚後、離婚してよかったと思える人、逆に後悔する人どちらに行くかは、どちらのほうが正しい選択なのかを落ち着いて考えることです。そのためにカウンセリングを用いて気持ちの整理や情報の提供をさせて頂いております。

■配偶者が離婚に応じてくれない時の相談

 どうしても離婚したい。でも、浮気や暴力がなく離婚の明確な理由がなく、しかも相手が離婚を拒否して困っている方は実はとても多いです。その時、弁護士さんに相談しても無理だと言われ、でも今のまま続けて行くのも難しく八方ふさがりになってしまった方へどのようにしていったらいいのかの相談を行っております。

■配偶者から離婚を言われ、関係修復への相談

 配偶者から離婚を突然言われた。そしてそれに対してどうしても納得がいかない。なんとか関係修復の道を捜したい。そんな方に、関係修復をどのようにしていくのかカウンセリングでサポートしています。なかなか渦中にいると見えないこともあります。そのため、間違った努力がよけい関係悪化に結びつく可能性もあります。まずは、状況整理の意味も含めてご相談に起こしください。