離婚が子どものマイナスにならないために

top>離婚と子供
調停の現実

 

離婚を思いとどまる理由として子どものためと言われる方は沢山おられます。
実際、親の好きな人が変わるたびに離婚、再婚を繰り返すようなことは
子どもとって迷惑以外のなにものでもありません。


ただ、夫婦関係が悪く、毎日のように喧嘩をし、不幸な夫婦関係を見せ続ける
のも子どもの成長にとってマイナスに働く可能性があります。


加えて、「子どものために離婚しない」ということで親の不幸な理由を子どもに押し付けて、子どもが実際罪悪感を感じ続けて大人になって行く場合もあります。

大切なことは何を選ぶかではなく、選んだあとの対応です。


極端な話、夫婦関係を続けるかどうかは夫婦で決める問題です。
しかし、いったん離婚するという結論をだされた場合、その離婚が子どもにとって極力マイナスにならないように配慮する事がなにより大切なのです。

夫婦は離婚によって解消されます。しかし、親という役割は離婚でも解消されることはありません。

離婚という選択を取られた後、親として子どもに離婚をどう伝えるのか
離婚後の子どもとの接点をどうやって持って行くのか、問題が発生したとき
親としてどう向き合って協力体制をとっていくか。
さらにできれば再婚を想定して、再婚後の子どもことでのやり取りも決めておくことが大切です。


関係が悪くて別れた二人が子どものために向き合うこと、それはとても難しいことです。だからこそ別れる前にしっかり取り決めをし、親としての責任、子どもの幸せのため最前の方法を模索しなければなりません。

もしお二人でなかなかお話し合いが進まなかったり、どう決めていいのかわからない方は一度カウンセリングにお越し下さい。