離婚したくない、離婚したいでもめた時

top>離婚したいVS離婚したくない
調停の現実

 

恋人同士だと片方が一方的に別れたいと思えば、基本的に別れる方向にいきます。
しかし、結婚している夫婦にとってなかなか簡単に離婚とはいきません。


離婚したい、したくないで何年も争っている夫婦は沢山おられます。
お互いに離婚に合意しないと調停そして裁判になります。
その中で重箱の隅をつつくような相手の欠点探しをして精神的にも肉体的にも
疲弊していきます。


離婚したくない側にとっても、争うことで関係が悪くなるわけなので確実にマイナスです。
たとえ裁判で勝ったとしても相手の気持ちはさらに離れたものになっている可能性が圧倒的に高いと言えます。
逆に離婚したい側にとっても、時間がかかり、裁判で離婚が認められない可能性もあるので
そこまでに相手を説得するほうが有利です。また、お子さんがおられる場合、その後のやり取りが難しくなる可能性があります。


つまり、争うということはお互いにとって確実にマイナスになるということです。


私がカウンセラーとしてこられた方にお伝えしてることは
上記のマイナスを説明した上で、別れたい側は相手になぜ別れたいのか
納得ができるまで説明し続けなければなりません。


逆に別れたくない側は、なぜ別れたくないのか、そして今後自分と一緒に
いることでどんなに幸せになるのかということを示して行かなければなりません。

カウンセラーは関係修復を主眼にカウンセリングをしていると思われますが、
私はお互い納得のいく結論をだすことをサポートすることを主眼においています。


それじゃあカウンセラーなしで二人で話し合いますと言われそうですが
もし二人で話し合える関係があったのならば離婚という話にはなっていない可能性が高いのです。恐らく何回話して同じ流れになっているのではないでしょうか。


離婚したい、したくないと争いになったときには、まず心理カウンセラーにご相談ください。